読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金のファラオと大ピラミッド展の日程やチケットは?混雑状況や感想はどう?

イベント
スポンサー ドリンク

 

f:id:kyouka_zakkan:20151023190234j:plain

こんにちは、shuです。

この「黄金のファラオと大ピラミッド展」に黄金のマスクがこの秋日本に上陸します。

約4500年程前、古代エジプト時代にクフ王・カフラー王・メンカウラー王の3代のファラオ達が建造したピラミッド。

 

“世界七不思議”としても残っているこのピラミッドがこの秋にテーマ「ファラオとピラミッド」として、東京で鑑賞できる事となりました。監修は、あの吉村作治教授。彼が選抜した100点余りのエジプトの至宝を展示します。是非、めったとないこのピラミッド展に行って見ませんか?

 

日程について

 

開催期間は、2015年10月16日(金)から2016年1月3日(日)なお、11月24日のみ休館ですので、ご注意下さい。

場所は、森アーツセンターギャラリーで、時間が10時から20時となっています。(最終入場19時30分)

 

 

チケットと割引は?

 

当日券は窓口にて発売中。

大人1800円・高大性1500円・小中生800円、未就園児は無料です。(15名以上の団体は200円安くなります)

その他、「黄金伝説展 古代地中海の秘蔵」とのお得なセットチケットや、両方が見れる相互割引チケットも発売中。詳しくはホームページをご覧ください。(http://www.tbs.co.jp/pharaoh-egypt/ticket/

 

例)当日大人料金「黄金のファラオと大ピラミッド展」1800円「黄金伝説展」1600円が3000円で鑑賞できるなど。

  

 

みどころ

 

1939年に発掘された、「アメンエムオ王の黄金マスク」やその彩色木棺の蓋と本体、ミイラカバーやギザの第3ピラミッドと言われるメンカウラー王のピラミッドの河岸神殿で発見されたトリアード(三神像)のうちの一つ。

 

とにかくここでしか見れないピラミッドの中身や本体を展示しているという事が見どころではないでしょうか?

 

吉村作治教授が監修し、第一級の展示作品にて構成されるところも、見逃せないポイントと言えるでしょう。

 

音声ガイドにはお笑い芸人春日さんも登場!初めての方でも楽しく鑑賞出来る企画にもなっています。

 

スポンサー ドリンク
 

混雑状況は?

 

現在始まって間もないこともあり、特に混雑はしていないようです。ただ、11月の連休や年末年始、最終日は正月という事ですので、混み合うかもしれません。

 

早目に鑑賞されるのが良いかなと思います。お勧めは、平日の午前中がねらい目ですね。

 

口コミは?

まだ、始まったばかりで情報薄なのですが、クオリティの高い展示会だという感想はあるようです。

 

変わったところに、展示場内にガチャガチャがあり、ちょっとびっくりしたという感想もありました。“エジプトの至宝”というネーミングで限定販売されているそうです。

 

お土産にチェックしておきたいポイントですね。

 

感想はどう?

☆エジプトコレクションがやって来た‼︎

 

世界一のエジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館の中から選ばれた展示物だけあって、きらびやかでものすごい迫力でした。

 

黄金のマスクやクフ王の彫像などは、なかなかお目にかかれない品物ばかりでした。本当の顔はわからないので、似ているかどうかは不明ですが、エジプト人は顔立ちがハッキリしていて、目が大きい人が沢山いたのかなと妄想してしまいました。

 

以前ツタンカーメンの黄金のマスクを拝見する機会があり、あのきらびやかで美しいマスクにその時は見とれてしまいました。そのツタンカーメンのマスクの実物は残念なことに、今回はありませんでした。

 

その代わりに撮影された4K映像シアターで、きれいな画面で美しい黄金のマスクが見られてよかったです。

 

 

☆思った以上にファラオオーラ全開!!

 

初日参戦しました。ポスターの黄金のマスクがやけににやけていると感じていたのですがいざ実物拝見したところとてもかわいらしい顔立ちをしていました。

 

クフ王の顔はこんなにも愛らしいのかと思いました。撮影禁止とありましたのでじっくり目で見てきましたが、黄金のマスクはとても重みを感じる(実際かぶってはないけれど)ずっしり心に残りました。

 

 

☆黄金のファラオ像に大感激!

 

テレビでしか見たことのないようなピカピカのファラオ像や黄金のマスクが並んでいました。テレビで見るからより輝いて見えるんだろうと思っていたのですが、実物の方が光っていて感激してしまいました。

 

紀元前に作られたものなのに、すごい技術だなと昔の人の凄さを実感しました。

 

あと、ミイラを入れる木の棺桶も見ることができました。ただの木の箱だけではなく人の形に綺麗に掘られて、装飾されています。そこに描かれているものは、まさにエジプトの壁絵などでよく見るものでした。

 

何千年も前のものを今こうやって見られることは本当にすごいと思います。少しもの間エジプトにタイムスリップできたような気がします。

 

まとめ

10月16日から始まったばかりの「黄金のファラオと大ピラミッド展」!内容はじっくり見てみないとわかりませんが、展示物を見るだけでも価値はあると思われますので、解説を読みながら、あるいは春日さんの面白解説を聞きながら、気軽にお出かけされてはいかがでしょうか?

 

めったと見る事のないピラミッドの秘密に迫ってみるのも良いかもしれませんね。 

スポンサー ドリンク