読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートアクアリウム沖縄の日程やチケット&混雑と感想はどうなの?

スポンサー ドリンク

f:id:kyouka_zakkan:20150914163457j:plain

全国で開催され、大注目となっている「アートアクアリウム・金魚展 沖縄」が、沖縄に初上陸します。

アートアクアリウムとは、アート・デザイン・アクアリウムを組み合わせた幻想的な空が表現されています。金魚展では、その幻想的な空間に金魚たちが加わり、水槽のデザインや、照明などで彩られた「金魚の水中アート」を観賞することができる展覧会です。

現在は、東京・日本橋で開催されていて、大盛況となっています。

 

日程について

 

2015年9月18日(金)~11月15日(日)

 

午前10時から午後8時30分(最終入場は午後8時)
デパートリンボウ 6階催事場で開催されます。

 

入場料について

 

当日券:大人1,000円、小中学生800円
前売券:大人900円、小中学生700円
前売券の販売期間は、9月17日(木)まで、期間中有効です。

 

沖縄県内の方は、ファミリーマート全店、デパートリンボウ8階チケットセンターで購入できます。沖縄県外の方は、セブンチケット、 全国のセブン-イレブン店頭マルチコピー機で購入ができます。

 

また、日時指定優先入場券も販売されています。
優先入場券:大人2,000円、小中学生1,600円

 

 

混雑状況

 

全国各地で開催され、累計動員数450万人以上となっています。
現在開催中の東京・日本橋では、やはりかなりの混雑となっています。

 

当日チケットの購入だけでも、長時間並ぶこともありますし、混雑時には入場制限がかかる場合もありますので、大型連休や休日に行かれる方は、前売券や少し高くなりますが、優先入場券を購入されるほうが良いでしょう。

 

沖縄では初の開催ですので、混雑状況の予想は難しいですが、シルバーウィークを利用して訪れる方も多いのではないかと予想されます。平日であれば、混雑が避けられるのではないでしょうか。

 

スポンサー ドリンク
 

 

感想はどうなの?

 

異世界に迷い込んだ感覚

 

金魚が特に好きなわけではないのですが、アートアクアリウム金魚展は本当にすばらしいと思います。美術作品を見るのと同じです。

 

さらに、遊園地へ行ったときなどのわくわくドキドキ感も味わえます。
その中で悠々と泳ぐ金魚たちは、生き物の域を超えてアート作品と言えるでしょう。

 

水槽や照明、装飾だけでは動くアートにはなりません。そこが普通の美術展とは異なります。金魚たちが動くことにより、様々な表情に変わり、作品もその都度違って見えるんです。

 

幻想的な世界を楽しみたい人にはもってこいだと思います。
女性でも男性でも一人で入れますし、もちろんカップルや家族でも楽しめると思います。

 

美しさの中の癒し「アートアクアリウム 金魚展」

 

 

江戸という昔から日本文化にしっかり根付いている金魚、その泳いでいる姿は見る人を癒してくれます。

 

その金魚を水中アートとしてとらえ、幻想的な空間デザインや照明、映像、音楽などの演出との組み合わせで生み出された水中世界を鑑賞できるのが、「アートアクアリウム 金魚展」です。

 

金魚は100種類以上ともいわれる多くの品種があり、色も形もそれぞれ異なります。その色や形のさまざまな彩り鮮やかな金魚たちが、生きた芸術品として、幻想的な演出の中でさらなるアートとして昇華を遂げ、鑑賞者へ癒しと感動を与えてくれます。

 

ただ金魚を鑑賞するのではなく、様々なデザインの水槽と演出の中で金魚が舞い踊る、新しいアクアリウムアートを堪能できます。

 

まとめ

 

今回、海を越えて沖縄に初上陸の「アートアクアリウム・金魚展」テーマを「~沖縄・金魚の結~」とし、日本縦断完了となります。

 

今までの開催で、素晴らしいアートを表現してきた「水中金魚アート」は、沖縄ではどんな空間が演出されているのか、とても楽しみです。また、沖縄らしさがどのように表現されるのかにも、期待が集まっています。

 

普段お祭りでみる金魚とは違い、様々なデザインの水槽の中で優雅に泳ぐ姿に癒され、金魚の素晴らしさに感動することでしょう。

 

全国各地で大盛況となっており、大変注目されているイベントですので。沖縄という地に、どれだけの人々が集まるのかも注目したいところです。

 

幻想的で非日常的な空間にたくさんの人々に癒しと感動を与えてきた「水中金魚アート」

 

ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサー ドリンク